中年太りは何歳頃から始まる傾向があるのか

中年太りは何歳頃から始まる傾向があるのかというと、一般的には、35歳を過ぎたあたりからです。その頃の年齢から中年の仲間入りになります。最近では、高齢化が進み、40代〜50代になって、初めて中年と呼ぶ人もいますが、いずれにせよ、30代中盤当たりから、中年太りになる危険性をはらんでいます。その位の年齢の人たちが太ってしまいやすいので、中年太りと呼んでいるのです。但し、中年になったからといってすべての人が中年太りになるわけではなく、逆に、30代前後の年齢で、若くして中年太りになる人もいます。中年太りは、老化現象の一つでもあるので、若い頃と同じような食生活、生活習慣を続けていると、やがて中年太りという現象に遭遇することになります。年齢的には、30代よりも40代、40代よりも50代と、年齢を重ねていくにつれ、中年太りになりやすくなります。太りやすくなる原因は、基礎代謝の低下にあります。消費するカロリーよりも摂取するカロリーの方が多いと太るのは当たり前で、消費するカロリーが年齢を追うごとに少なくなる中年に差し掛かると、自然と太ってしまうのです。

 

お腹セルライト